未分類

Pocket


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

【募集開始】第5期電子書籍で人生を変えるプログラム

Pocket

こんにちは(^-^)

いずみん夫婦のいずみんです。

 

第5期電子書籍で人生を変えるプログラムを、11月に開講することが決定いたしました!

 

ただいまより、テーマ発掘コンサル付き個別相談の募集を開始いたします。コンサルは、妻のいずみん夫婦のりさが担当いたします。

 

なんと、5期生限定で、君の名は。』の新海監督のTVドラマ化された書籍等も担当された、超一流編集者さんが、原稿を初期段階からチェックしてくれることになりました。将来、紙の本を出版したい!と思っている方は、今期がチャンスです!

 

このプログラムは、出版が目的ではなく、人生の目的を見つけること、あるいは、あなたが大切にしていることやビジネスのコンセプトを多くの人に伝えることを目的としたプログラムです。

 

今のモヤモヤとした状況を飛び出して、次のステージに行きたいと思っている方は、以下をご覧ください。

 

http://izumi-masato.com/lp/ebook5/

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

いずみん夫婦がお伝えする「記念日の過ごし方」

Pocket

partner_love

 

こんにちは。

 

いずみん夫婦のいずみんです(^^)/

 

 

 

今日7月20日は、

 

いずみん夫婦のいずみんとりさが出会って19年目を迎えた記念日です。

 

明日からもちろんですが、20年目に入ります(;^_^A

 

 

 

今日のいずみん家では記念日をどのように過ごしたと思いますか?

 

みなさん、どのようなことをイメージしますか?

 

 

答えは

 

特別どこへも行かず普通に過ごしました。

 

高級レストランなどを想像したみなさん、イメージ通りじゃなくてごめんなさい(;^_^A

 

でも毎年、7月20日にやることがあります!

 

それは、お花を年数分プレゼントすること!

 

ただし、今年はなしです( ゚Д゚)

 

たまにはこういうこともあります!って忘れていたわけでもなく、

 

愛が冷めたわけでもありません(;^_^A

 

実は今週末に妻と愛犬と小旅行をするためお花をプレゼントしてもお花が台無しになってしまうからです。

 

ちょっと面白かったのは、

 

私は普段、仕事を終えると妻に「帰るよ(^^)/」と一言メッセージを送ります。

 

今日も仕事後にメッセージを送ると妻から返ってきた言葉が

 

「お花はいいからね~(^^)/

 

でした(;゚Д゚)

 

妻からのこの言葉がないと、あやうくいつものように花束を買っていくところでした。

 

私の習性をしっかりと把握した妻のファインプレーです!

 

 

 

みなさんにはどんな記念日がありますか?

 

いずみん夫婦は、7月20日の付き合い記念日、そしてお互いの誕生日、そして結婚記念日の4つです!

 

入籍記念日も別の日にありますが、私たちは特段何かをするわけではなく、

 

「今日、入籍日だね~、おめでとう!!!」と

 

声をかけあうくらいです(^^)/

 

 

友人とかに記念日のことを聞くと、

 

誕生日くらいしか祝わない人たちがいたり、

 

逆に、各記念日を1年ごとではなく、半年ごとに祝っている人もいたりします。

 

そして、子供がいる家庭では、家族が増える分、記念日も増え、1年中にぎやかだよ、と教えてくれる友人もいました。

 

 

 

記念日をどのように過ごすのか?

 

どんな日を記念日にするのか?

 

お互いにとって何を大切にするのかは夫婦ごとに違いますので、

 

よ~~~く話し合った上で自分達スタイルの記念日を楽しんでください(^^)/

 

「よ~~~く」話し合ってくださいね~

 

「自分はこう思うからこうする」ではなく

 

「パートナーの思いを最重要視する」思いやりを持って記念日を楽しんでください(^^)/

 

 

 

◆お知らせ◆

妻との付き合い記念日19周年を記念して

 

7月23日(日)から過去のいずみん夫婦の赤裸々なエピソードをメルマガで配信します。

 

いずみんのメルマガ

「妻を世界一輝かせる方法(裏話)」

 

妻に結婚のプロポーズをしてあっさり断られたエピソードや

プロポーズを断られたところからどうやって結婚に持ち込んだか、

結婚式で神父さんが誓いの言葉を妻に投げかけたとき、私には想像もつかない妻の心の葛藤の内容など、

そして、私達には子供がいませんが、そのことに対するお互いの葛藤の内容などを順番にメルマガでお伝えしていこうと思っています。

 

最初は、ブログでもと思ったのですが、

 

けっこうプライベートなエピソードまでお伝えしようと思ったのでメルマガ限定とさせていただきました。

 

いずみん夫婦の過去に興味がある(;^_^A  という物好きな方はこちらからどうぞ(^_-)-

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

いずみん夫婦のいずみんがお伝えする【朝から松居一代さんネタはキツイ】

Pocket

719セドナ会

 

こんにちは。

 

いずみん夫婦のいずみんです(^^)/

 

今回は「朝から松居一代さんネタはキツイ」と題して「優しさの伝え方」をお伝えします。

 

えっ?

 

この二つに何か関係あるの?と思いますよね。

 

大ありなんです!!!

 

 

 

今日、1か月前にセドナ&ラスベガス&LAを一緒に旅した仲間と再会しました。

 

自由が丘の閑静な住宅街にある「ミモザガーデン自由が丘」でおいしい料理をいただきながら再会を楽しみました。

719ミモザガーデン

 

そこで今話題の「松居一代さんの話」も少し出ました。

 

私はテレビを見ないのであまり詳しくないのですが、友人から

 

「朝から松居一代さんのニュースが流れて滅入るからテレビを消している」

 

というのです。

 

ネットでどんな状況なのか調べましたが、確かに朝から触れたくないような話ですね(;^_^A

 

友人がテレビを消すのも納得です!

 

違う友人からは

 

「明るいニュースばかりが放送されるテレビ局があればいいのにね」

 

とありました。

 

以前、妻と話していたこと、そのままでした!

 

いずみん夫婦はテレビを見ません!

 

私たちがテレビを見ないのは、悲しい出来事や人間関係のこじれなど、悲しいニュースや暗いニュースばかりが取り上げられ、見ていて気が滅入ってしまうからです。

 

「明るいニュースばかりを放送するテレビ局があれば見るのにね~」

 

と妻と話していたことを思い出しながら友人の発言に大きくうなずきました。

 

 

 

五感から得られる情報ってとても大切ですよね。

 

特に、視覚聴覚については人の心の状態を大きく左右する感覚です。

 

 

 

顔の表情、しぐさ、発する言葉で相手にも同じ感覚を伝えることができます。

 

例えば、会社の上司が怒った顔で机を「バンっ!」と叩き怒鳴ってきたら……怒鳴られた方は恐怖や怒りを感じます。

 

上司の怒りが大きければ大きいほど、恐怖や怒りも大きくなります。

 

反対に、上司が笑顔で自分のところまで来て優しく声を掛けてきたら……優しく声を掛けられた方は自然と笑顔で返事をするものです。

 

視覚や聴覚から入ってきた情報って発信側から受信側へそのまま伝わってしまいます。

 

 

 

こんな場面がありました。

 

妻に教わったエスコート術を実践しているときの話です。

 

お店に入るときに、扉を開けたまま押さえて後から入ってくる人を通していると、それを見た友人が、自然とマネをし、扉を押さえて人を通すようになります。

 

食事をするときに、大皿で来た料理を率先してみんなの分を取り分けると、それを見た友人が、自然とマネをし、次の料理で率先して取り分けるようになります。

 

エレベーターを降りるとき、「扉OPEN」のボタンを押してみんなを先に降ろして自分は最後に出ると、それを見た友人が、自然とマネをし、次の機会にみんなを先に降ろすようになります。

 

(「友人」はすべての場面で別の人です)

 

人の優しさって伝播するのです!

 

これらの例のように与えた優しさが周りの人へ伝わることも、視覚と聴覚の情報が大きく影響しています。

 

扉を押さえる例では、押さえていること(視覚)によって通った人から「ありがとう」の言葉がかけられます(聴覚)。

 

ここで優しさが伝わる人もいますが、まだ少数です。

 

確実に効果があるのが、通った人達が扉を押さえてくれた人に対して

 

「〇〇さんって優しいよね~」

 

と言ったときです。

 

それを聞いた周りの人(特に男性)は、自分もやってみようかな、と思えるのです。

 

褒められたいという欲求から「やってみようかな」と思う人も多いかもしれません。

 

みんな褒められたいのでこう思うのが正解です(^_-)-☆

 

どんな形でも優しさが伝わっていればいいのです。

 

扉を開けてくれた人の優しさが、通った人に伝わり、通った人の発した言葉の優しさが、それを聞いた人へ伝わる!

 

聞いた人はやってみたいと思い、優しさを表現する!

 

こうやって、優しさの連鎖を生んでいくとみんなが優しくなれます

 

料理を取り分けるときも、取り分けた優しさを褒める人がいて、それを見た人がマネをし、次の人へ優しさを伝える。

 

エレベーターを降りるときも、ボタンを押して先に降ろしてくれる人がいて、その優しさを感じた人が感謝の言葉を口にし、それを聞いた人がマネをする。

 

こうやって優しさは伝わっていきます。

 

 

 

小さな優しさを周りにコツコツ伝えていきませんか(^^)/

 

その小さな優しさが周りに伝わり、どんどん大きくなっていきます(^^)/

 

小さな優しさならだれでもできます!

 

まわりから優しさをもらったら、ぜひ次の人に優しさを伝えてください。

 

優しさあふれる温かい世界になりますよ~に(^_-)-

 

 ◆いずみんのメルマガ◆

「妻を世界一輝かせる方法(裏話)」

 

■著書①■

『妻を世界一輝かせる38のメソッド』

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://amzn.to/2uqUBtw

 %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%80%97%e5%a6%bb%e3%82%92%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e8%bc%9d%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b%ef%bc%93%ef%bc%98%e3%83%a1%e3%82%bd%e3%83%83%e3%83%89

 

■著書②■

『将来、熟年離婚されないための夫1年目の教科書~家事編~』

http://amzn.to/2uqVVwu

 ebook_4表紙

■著書③■

『夫婦ゲンカのあとに絆が深まる超速仲直りメソッド』

~夫婦ゲンカでやるべき3つのこと!言ってはいけない7つの言葉!!~

http://amzn.to/2ur1Gu3

 夫婦ゲンカの後に絆を深める超速仲直りメソッド‗表紙

■著書④■

『なぜ「妻を世界一輝かせる」思いが湧き出たのか?』

~パートナーに最高の愛を与える「自分を愛する7つのステップ」~

http://amzn.to/2ur43gB

ebook_2表紙

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

いずみん夫婦のいずみんがお伝えする【ジェントルマン(紳士)にな~れ!】

Pocket

vol.79-1

 

 

 

こんにちは。

 

いずみん夫婦のいずみんです(^^)/

 

今回は、妻が教えてくれた「ジェントルマンたる振る舞い」をお伝えします。

 

 

 

彼女(妻)と付き合いだした頃のエピソードです。

 

デートでショッピングをしながらいくつかのお店をまわっているときのこと。

 

あるお店に入ろうと扉を開けて入って行くと後ろからついてきた彼女が

 

「わ~わ~ぎゃ~ぎゃ~……(何を言っていたかは忘れました)」

 

と私に慌てて何かを言ってきました!

 

「どうしたの!?」

 

と尋ねると

 

「扉が急に目の前に現れてびっくりしたんだけど(*_*;

 

というのです。

 

「え!?」

 

と、私はわけがわかりませんでした!

 

 

彼女は帰国子女でオランダやドイツで過ごしていたことで

 

扉は男性が開けて押さえて女性や子供、年配の方を通すのが当たり前の文化で育ちました。

718画像

 

つまりジェントルマンな対応をしてくれる世界で過ごしていたので

 

まさか、私が扉を押さえずに通り過ぎるとは思っていませんでした。

 

そこに、扉が急にしまってきたのでびっくりしたとのことでした。

 

 

私からすると、

 

高校生までど田舎で過ごしていたのでそのようなジェントルマンな世界は全くありませんでした。

 

逆に、「女性は男性の一歩後ろ」をみたいな世界で育ったので

 

彼女の反応に対して「???」でした。

 

 

そんな私に彼女はその日のランチのときに教えてくれました。

 

「私が育った環境では男性が女性をエスコートし、扉は男性が開けて女性や子供、年配の方を通してあげるんだよ。優しいでしょ。」

 

と。

 

私が

 

「へ~だからあんなに慌ててたんだ~(;^_^A

 

というと、つづけて彼女が

 

「ジェントルマンな行動ってかっこいいと思わない?」

 

「そういうふうにしてもらえると嬉しいな!」

 

というのです。

 

はっきり覚えています!

 

この言い方って、すごいと思わないでしょうか!?

その当時は気づきませんでしたが、今はすごさを感じます。

 

普通は

 

「そうするのが当たり前だから次から扉を押さえてね」とか

「男性たるもの扉を押さえるのが普通でしょ」とか

 

自分の育った環境を相手に押し付けてしまいがちです。

 

これをされると男性は、自分が否定されたように感じてしまうものです。

 

最悪、イライラしたり、怒ってしまって喧嘩になるかもしれません。

 

女性としては実際には否定していないのですが

 

男性としては自分の中の記憶にない習慣を指摘されて

 

それが当たり前だと言われると「否定されたように」感じてしまうのです。

 

 

 

そこを妻は

 

「ジェントルマンな行動ってかっこいいと思わない?」

 

と男性心理に問いかけるのです。

 

これを言われた当時の私は

 

「ジェントルマン、そりゃ~かっこいいよね~」

 

と、単純すぎるかもしれませんが同意します。

 

みなさんは「ジェントルマン」にどういうイメージを持っていますか?

 

当時の私は「高貴な人、やさしく親切な人、マナーができた人」というイメージです。

 

「ジェントルマン」=「かっこいい」になります。

 

 

そして、

 

「そういうふうにしてもらえると嬉しいな!」

 

と、私の同意のあとに、このように言われるので押し付けられた感はなく、すんなりと「次からそうしてあげようかな」と思えるのです。

 

 

今になって、妻に「戦略的にやったの?」と聞くと、

 

「戦略的とかぜ~んぜん気にしてなかったよ」と言っていました。

 

こうやって、押し付けられずに言われると男性は素直に女性の依頼を受けいれられます。

 

だって、扉を押さえることで彼女が喜んでくれることを知っているわけですから!

 

「扉を押さえて彼女を通す」=「かっこいい」=「彼女が喜ぶ」

 

 

この出来事があった以降は

 

いかにジェントルマンな行動ができるかを妻からたくさん教わりました。

 

次回も「ジェントルマン化計画」のひとつをお伝えしたいと思います。

 

お楽しみに~(^^)/

 

 ◆いずみんのメルマガ◆

「妻を世界一輝かせる方法(裏話)」

 

■著書①■

『妻を世界一輝かせる38のメソッド』

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://amzn.to/2uqUBtw

 妻を世界一輝かせる38のメソッド‗ブログ用

 

■著書②■

『将来、熟年離婚されないための夫1年目の教科書~家事編~』

http://amzn.to/2uqVVwu

 ebook_4表紙

■著書③■

『夫婦ゲンカのあとに絆が深まる超速仲直りメソッド』

~夫婦ゲンカでやるべき3つのこと!言ってはいけない7つの言葉!!~

http://amzn.to/2ur1Gu3

 夫婦ゲンカの後に絆を深める超速仲直りメソッド‗表紙

■著書④■

『なぜ「妻を世界一輝かせる」思いが湧き出たのか?』

~パートナーに最高の愛を与える「自分を愛する7つのステップ」~

http://amzn.to/2ur43gB

ebook_2表紙


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

私だけではなく、みんなに優しくしてね!

Pocket

hawaii_cafe_84

 

 

こんにちは。

 

いずみん夫婦のいずみんです(^^)/

 

 

 

私達夫婦が出会い、お付き合いし始めたのが大学生のとき。

 

いつ、どんなシチュエーションでこのような言葉が出てきたのかは覚えていませんが、

 

妻から

 

「私だけではなく、みんなに優しくしてね!」

 

と言われたことを覚えています。

 

自分で言うのも恥ずかしいですが「優しさ」が取り柄だと思っていたので

 

(「そんなことなら簡単さ」)

 

と内心思っていました。

 

この安易な気持ちがあとで大きな喧嘩の火種になるとは夢にも思っていませんでした。

 

 

 

女性の気持ちって難しいなと感じさせられた出来事を紹介します。

 

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大学3年生のとき

 

理工学部のバスケ部に所属していた私は試合に彼女(妻)を誘いました。

 

優勝がかかった試合だったので応援に来てくれたら嬉しいなと思って誘いましたが、あいにく予定があって来られないと返事が来ていました。

 

すると、行けないと言っていた彼女が試合前にひょっこり試合会場に現れました。

 

試合には勝ち、優勝することができ、彼女も応援に来てくれたことでテンションが上がっていたのは間違いありません。

 

そんな状態で、彼女も参加した試合後の打ち上げで事件は起きました。

 

私と同じテーブルにいた大学1年生の新米マネが、原因は忘れましたが泣き始めてしまったのです。

 

そこで私の脳裏に浮かんできたのが

 

「私だけではなく、みんなに優しくしてね!」

 

という彼女の言葉!

<ここで想像力がある方は「危険」を察したかもしれません(;^_^A

 

私は彼女が見ているそばで、その子の頭を撫でて慰めました。

<あちゃ~今思えば、彼女の前ではやってはいけませんよね~>

<なんでいけないの?と思った人は危険信号が点滅してるので注意してください(;^_^A

 

当時の私としては、

 

「見て見て~、みんなに優しくしてるよ~!」

 

と彼女へのアピールだったのです(;^_^A

 

すると、その夜、呼び出されて彼女の元へ行ってみると、もうカンカンに怒った彼女が!

 

「???」

 

私がキョトンとしていると彼女が

 

「ちょっとアレはやりすぎでしょ!」と。

 

どうも頭なでなでがいけなかった様子で

 

私が

 

「いやいや、「みんなに優しく」って言ってたじゃん!」

 

というと

 

「頭なでなではやりすぎ!」と、もうカンカンでした。

 

私も訳も分からず怒られたのでカァーっとなって喧嘩になったことを覚えています。

 

正直びっくりしたのです( ゚Д゚)

 

「私だけではなく、みんなに優しくしてね!」

 

と言っておきながらそりゃないよと当時は思いました。

<今思えば、怒られるのもわかりますが。。。>

 

そして彼女の名言が生まれます!

 

 

私だけではなく「人として」みんなに優しくしてね!

一番は私だけど!

 

 

深すぎる~(;゚Д゚)

そして、難しすぎる~(*_*;

 

当時の私には彼女が何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

 

「人として」って何~

みんなにどこまで優しくしていいの~

 

と悪戦苦闘しました。

 

その後、何度も失敗を重ねながら「人として」の優しさを提供できるようになったのです。

 

(「人として」の優しさは何個も教育されたので今後小分けにしてお伝えしていきます)

 

何度も失敗を繰り返すたびに、彼女の考え(境界線)が理解できるようになりました。

 

そして、彼女にだけ届く特別な優しさも提供できるようになりました。

 

そうしたら喧嘩も少なくなりましたし、逆に彼女が優しくなりました。

 

 

最初からパートナーのことを分かり合える人はいないと思います。

 

少しずつ衝突を繰り返しながら、舵を修正し、二人だけの価値観を作り上げていく!

 

これってすごく大事です!

 

 

 

「優しさ」って平等に与えてはダメなんですね。

 

その人ひとりひとりに合った「優しさ」を提供することの大切さを妻から学び、今に至ります(^_-)-

 

 

■著書①■

『妻を世界一輝かせる38のメソッド』

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://amzn.to/2uqUBtw

 妻を世界一輝かせる38のメソッド‗ブログ用

 

■著書②■

『将来、熟年離婚されないための夫1年目の教科書~家事編~』

http://amzn.to/2uqVVwu

 ebook_4表紙

■著書③■

『夫婦ゲンカのあとに絆が深まる超速仲直りメソッド』

~夫婦ゲンカでやるべき3つのこと!言ってはいけない7つの言葉!!~

http://amzn.to/2ur1Gu3

 夫婦ゲンカの後に絆を深める超速仲直りメソッド‗表紙

■著書④■

『なぜ「妻を世界一輝かせる」思いが湧き出たのか?』

~パートナーに最高の愛を与える「自分を愛する7つのステップ」~

http://amzn.to/2ur43gB

ebook_2表紙


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket