いずみん夫婦のいずみんがお伝えする【ジェントルマン(紳士)にな~れ!】

Pocket

vol.79-1

 

 

 

こんにちは。

 

いずみん夫婦のいずみんです(^^)/

 

今回は、妻が教えてくれた「ジェントルマンたる振る舞い」をお伝えします。

 

 

 

彼女(妻)と付き合いだした頃のエピソードです。

 

デートでショッピングをしながらいくつかのお店をまわっているときのこと。

 

あるお店に入ろうと扉を開けて入って行くと後ろからついてきた彼女が

 

「わ~わ~ぎゃ~ぎゃ~……(何を言っていたかは忘れました)」

 

と私に慌てて何かを言ってきました!

 

「どうしたの!?」

 

と尋ねると

 

「扉が急に目の前に現れてびっくりしたんだけど(*_*;

 

というのです。

 

「え!?」

 

と、私はわけがわかりませんでした!

 

 

彼女は帰国子女でオランダやドイツで過ごしていたことで

 

扉は男性が開けて押さえて女性や子供、年配の方を通すのが当たり前の文化で育ちました。

718画像

 

つまりジェントルマンな対応をしてくれる世界で過ごしていたので

 

まさか、私が扉を押さえずに通り過ぎるとは思っていませんでした。

 

そこに、扉が急にしまってきたのでびっくりしたとのことでした。

 

 

私からすると、

 

高校生までど田舎で過ごしていたのでそのようなジェントルマンな世界は全くありませんでした。

 

逆に、「女性は男性の一歩後ろ」をみたいな世界で育ったので

 

彼女の反応に対して「???」でした。

 

 

そんな私に彼女はその日のランチのときに教えてくれました。

 

「私が育った環境では男性が女性をエスコートし、扉は男性が開けて女性や子供、年配の方を通してあげるんだよ。優しいでしょ。」

 

と。

 

私が

 

「へ~だからあんなに慌ててたんだ~(;^_^A

 

というと、つづけて彼女が

 

「ジェントルマンな行動ってかっこいいと思わない?」

 

「そういうふうにしてもらえると嬉しいな!」

 

というのです。

 

はっきり覚えています!

 

この言い方って、すごいと思わないでしょうか!?

その当時は気づきませんでしたが、今はすごさを感じます。

 

普通は

 

「そうするのが当たり前だから次から扉を押さえてね」とか

「男性たるもの扉を押さえるのが普通でしょ」とか

 

自分の育った環境を相手に押し付けてしまいがちです。

 

これをされると男性は、自分が否定されたように感じてしまうものです。

 

最悪、イライラしたり、怒ってしまって喧嘩になるかもしれません。

 

女性としては実際には否定していないのですが

 

男性としては自分の中の記憶にない習慣を指摘されて

 

それが当たり前だと言われると「否定されたように」感じてしまうのです。

 

 

 

そこを妻は

 

「ジェントルマンな行動ってかっこいいと思わない?」

 

と男性心理に問いかけるのです。

 

これを言われた当時の私は

 

「ジェントルマン、そりゃ~かっこいいよね~」

 

と、単純すぎるかもしれませんが同意します。

 

みなさんは「ジェントルマン」にどういうイメージを持っていますか?

 

当時の私は「高貴な人、やさしく親切な人、マナーができた人」というイメージです。

 

「ジェントルマン」=「かっこいい」になります。

 

 

そして、

 

「そういうふうにしてもらえると嬉しいな!」

 

と、私の同意のあとに、このように言われるので押し付けられた感はなく、すんなりと「次からそうしてあげようかな」と思えるのです。

 

 

今になって、妻に「戦略的にやったの?」と聞くと、

 

「戦略的とかぜ~んぜん気にしてなかったよ」と言っていました。

 

こうやって、押し付けられずに言われると男性は素直に女性の依頼を受けいれられます。

 

だって、扉を押さえることで彼女が喜んでくれることを知っているわけですから!

 

「扉を押さえて彼女を通す」=「かっこいい」=「彼女が喜ぶ」

 

 

この出来事があった以降は

 

いかにジェントルマンな行動ができるかを妻からたくさん教わりました。

 

次回も「ジェントルマン化計画」のひとつをお伝えしたいと思います。

 

お楽しみに~(^^)/

 

 ◆いずみんのメルマガ◆

「妻を世界一輝かせる方法(裏話)」

 

■著書①■

『妻を世界一輝かせる38のメソッド』

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://amzn.to/2uqUBtw

 妻を世界一輝かせる38のメソッド‗ブログ用

 

■著書②■

『将来、熟年離婚されないための夫1年目の教科書~家事編~』

http://amzn.to/2uqVVwu

 ebook_4表紙

■著書③■

『夫婦ゲンカのあとに絆が深まる超速仲直りメソッド』

~夫婦ゲンカでやるべき3つのこと!言ってはいけない7つの言葉!!~

http://amzn.to/2ur1Gu3

 夫婦ゲンカの後に絆を深める超速仲直りメソッド‗表紙

■著書④■

『なぜ「妻を世界一輝かせる」思いが湧き出たのか?』

~パートナーに最高の愛を与える「自分を愛する7つのステップ」~

http://amzn.to/2ur43gB

ebook_2表紙


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 佐藤道博 より:

    確かにそうですね。英語で”After you”という言葉がありますよね。最近、コンビニで入るときにドアを押さえる動作が日本人に定着してきましたが、それに近いのでしょうか?学校でも職員室に入るときにネイディブの先生に”After you”を実践したことがあります。
    ただ、最近は自動ドアが増えてきたのでこの習慣は日本では定着しにくいかもしれませんね。
    あと、家内と毎日、ウオーキングをしていますが、たまに家内がどうろ側を歩いていると「私が車にひかれてもいいの⁈」と言われることがあります。難しいですね。紳士的な行為を維持するのは(笑)とても勉強になり感謝です。

    1. 和泉 真人 より:

      コメントをありがとうございます!
      ”After you”の精神は大切ですよね。
      自動ドアが多くなって、なかなか実践しにくくなっていますが、だからこそ実践したときに喜ばれそうですね。
      道路側をどちらが歩くかなどのやり取りから、奥様との仲のよさがうかがえます。

コメントを残す

*