vol.4 妻(パートナー)のこだわりを理解する

Pocket

vol.3で「妻(パートナー)を受け入れる」3つのことについて説明しました。

 

3つのことをおさらいしましょう。

 

  • パートナーの意見を尊重する。
  • パートナーの家族関係などの過去の環境を知る。
  • パートナーの精神状態や健康状態を知る。

 

今回のvol.4は「パートナーの意見を尊重する」ことについて掘り下げていきます。

 

テーマは「パートナーのこだわりを理解する」です。

 

ここでは、「こだわり」とは「自分が大切にしているもの・こと」としてとらえていきます。

 

育った環境や経験してきたことは千差万別であり、全くと言っていいほど、この世の中に同じ人格の人はいません。

 

全く別の人格の二人が一緒になるわけですから、それぞれが大切にしているもの・こと(つまり、こだわり)を理解し合うことが、仲がよい関係を築くための必要条件になります。

 

 

パートナーのこだわりについて、みなさんは理解していますか?

 

仕事、健康、お金、人間関係、家庭などどの分野にも大小さまざまなこだわりがあるはずです。

 

チェックしてみると、細かいことも含めてとてもたくさんのこだわりがあることがわかると思います。

 

では、その発見したパートナーのこだわりをどう処理するのか?

 

その答えはたった一つ!

 

 

「自分のこだわりに上書きしてしまうこと」です。

 

 

そうすれば、共通のこだわりとなり、二人のあいだでは、当たり前のこととしてとらえられます。

 

「こだわりの共通化」をすることができた瞬間から、二人のあいだでは全く気にならなくなり、こだわりであることも忘れ去られるでしょう。

 

 

パートナーのこだわりに合わせるのは自分が行えばいいので簡単です。

 

自分のこだわりを相手にしてもらいたいときは、自分のこだわりを丁寧に優しく相手に伝えるようにしてください。

 

このように、「こだわりの共通化」をひとつひとつ行っていくことで、二人の仲は格段に良くなります。

 

 

家庭のことで例を挙げてみます。

 

例えば「洗濯」。これはこだわりがはっきり分かれます。

 

全自動洗濯機で、服の種類により「ソフト洗い」なのか「ドライ洗い」なのか「通常洗い」なのか。

 

男性は特に気にしないと思いますが、女性の服は素材がデリケートなのでこだわりがあります。

 

男性が女性のこだわりを無視して洗濯を行うと、、、結果は簡単に想像できますね。

 

男性は何をすべきかというと、女性のこだわりを聞き出し、自分のこだわりに上書きしてしまうのです。

 

こういうことって本当に些細なことですよね。

 

でも、この些細なことひとつひとつについて「こだわりの共通化」をコツコツすることが二人の仲をより良くするコツなのです。

 

 

「こだわりの共通化」はパートナー以外にも広く活用することができます。

 

他人のこだわりについても日々チェックをし、上書きを繰り返していくと、人間関係を良好にすることができるので、ぜひ、活用してみてください。

 

 

vol.4-wife-parter

今日の写真は、我が家のトイレです。この写真の中に妻のこだわりはいくつあるでしょうか?

 

みなさんも考えてみてください。

 

 

 

 

正解は、、、「6個」です!

 

時計を置くこと。時計の角度。ハンドソープの角度。お花の向き。時計とお花とハンドソープの距離。トイレットペーパーの三角折り。

 

この実験は、「この写真の中にこだわりはどこ?」と妻に聞いた結果をそのままお伝えしています。

 

ほとんどは知っていましたが、「時計とお花とハンドソープの距離」は知りませんでした。

 

新たに「こだわりの共通化」ができました。


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

vol.3 妻(パートナー)を受け入れる(受けとめる)

Pocket

お付き合いした当初や結婚した当初は、何でも許せていたのに、一緒にいる年月が増えるにつれて、許せないところが出てきてしまうことってありますよね。

 

そういうとき、みなさんはどうされているでしょうか。

 

見て見ぬふりをして、時間の経過にまかせてパートナーが心変わりするまで待ちますか?

 

それとも

 

許せない感情を、パートナーや別なものへぶつけて解消しますか?

 

 

パートナーが変わるまで待つのは得策ではありません。

 

パートナーが変わる前に自分の心が折れてしまいます。

 

かといって、自分の感情をストレートにパートナーにぶつけることも得策ではありません。

 

これをすると、自分の心はスッキリしても、パートナーの心がぼろぼろに傷ついてしまいます。

 

パートナーの心が傷つくと、パートナーの心は自分から遠ざかり、仲は悪くなる一方です。

 

 

 

では、どうすればいいのか、、、

 

 

「パートナーを受け入れる」ことをします。

 

 

 

私がやっている「パートナーを受け入れる」ことは3つです。

 

  • パートナーの意見を尊重する。
  • パートナーの家族関係などの過去の環境を知る。
  • パートナーの精神状態や健康状態を知る。

 

この3つをやるとパートナーへの理解が深まり、自己中心的な面はなくなります。

 

 

  • パートナーの意見を尊重する。

 

これが一番大切です。ケンカをするのは、お互いが自分の意見に固執してしまうからです。

 

「なんで自分の意見をわかってくれないんだ」「その考えは間違っている」などを、ケンカのときに心の中で思っていませんか。

 

自分は必ずしも正しくはありません。そして、パートナーも必ずしも正しくありません。

 

パートナーの意見を尊重することで意見の交換を繰り返し、正解を導いていきます。

 

焦らず二人の共感する答えを導きます。

 

 

  • パートナーの家族関係などの過去の環境を知る。

 

お互いが一緒になるまで、それぞれ別の環境で生きてきました。

 

それを自分の環境だけに照らし合わせてしまうと、相手の発言や行動が理解できなくなります。

 

自己中心的な考えをやめることです。

 

パートナーの生きてきた環境から導き出された意見であれば、一度素直に受け入れてみます。

 

 

  • パートナーの精神状態や健康状態を知る。

 

日本人なら、相手を思いやる心が備わっているので自己中心的になることはめったにありません。

 

しかし、怒っている時や落ち込んでいる時、ストレスがたまっている時、睡眠不足の時などは心のコントロールが難しくなります。

 

普段なら許せている些細な発言や行動が心にひっかかり、ストレスをためたり、ケンカになったります。

 

パートナーの精神状態や健康状態を観察し、知っておくことはとても大切です。

 

 

 

どうでしたでしょうか。

 

私は、相手を受け入れるための3つを実践しているおかげか、最近は一度のケンカを除いて仲良くやっています。

 

その一度のケンカは私の睡眠不足によって、イライラしてしまったことが原因です。修行が足りないですね(^_^;)

 

妻を輝かせるために、妻のありのままを受け入れています。

 

vol3-wife-partner

写真は、妻が小学生時代に通っていたドイツの「デュッセルドルフ日本人学校」です。

数年前に、妻の幼少期を過ごした場所巡り旅行をしたときの写真です。


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

vol.2  プロフィール

moldiv
Pocket

みなさま、はじめまして。

 

和泉真人(いずみまさと)と申します。

 

「妻を世界一輝かせる方法」と題して、妻へのサポートの仕方、自分の仕事との両立、お互いの自己成長の仕方などをお伝えしていきます。

 

 

 

妻と出会って今年で17年目。

 

結婚して11年目を迎えます。

 

この歳月が経過した今、妻とはますます仲が良くなっています。

 

 

世の中はどうか?

 

妻のブログにも書かれてありますが、「1時間あたりで26組が離婚している」のが現状です。

 

【妻のブログ】

世界一やさしい夫をつくる方法

http://izumi-risa.com/blog/?p=42

 

しかし、婚姻数はというと、、、「1時間あたりで75組」だそうです。

 

婚姻数は離婚数の約3倍!

 

離婚数は確かに増えていますが、HAPPYになっている方は3倍も多く、世の中としてはまだまだHAPPY率でいっぱいな状態です。

 

HAPPYが勝っていて本当に嬉しいです。

 

離婚数だけに注目してしまうと暗くなりますが、婚姻数も含めて考えると「まだまだ大丈夫」と安心してしまうのは私だけでしょうか?

 

さらに離婚した方は、ベストパートナーを探すべく第一歩を踏み出した勇気のある方だと思っています。

 

ある意味、HAPPY予備軍です。

 

すべての方がベストパートナーと出会える、そんな世の中であってほしいです。

 

 

今日は私と妻の過去、そして現在をご紹介します。

 

 

1998年に出会い、お付き合いがスタート。

 

2003年クリスマスに大学院生だった私が意を決して、社会人2年目の妻にプロポーズ。

 

あえなく撃沈

 

 

しかし、時間が経つにつれて妻の気が変わったようで、2004年に結婚!

 

社会人1年目にして結婚をしました。

 

今でもよく「そんなに早く結婚を決めた理由は何?」と聞かれます。

 

その答えは、「愛情の他に、尊敬があったから」です。

 

その当時6年間お付き合いして、妻を「尊敬」しているか、これから先も妻を「尊敬」できるかどうかをじっくり考えたのを今でも覚えています。

 

 

その後、2012年に転機が訪れます。

 

それは、妻の転職です。

 

この時は、妻が新天地でどのように働きたいのか、どういう思いで仕事に向き合うのかを話し合いました。

 

できるだけ妻を自由にさせたい、思う存分行動させてあげたい、そして、妻を輝かせたいという思いから、全面的にサポートをすることを決心しました。

 

全面的サポートとは、、、炊事、洗濯、掃除、ご近所との付き合い、犬の散歩や世話、宅急便やクリーニングの受け取り等、家のこと全部です。

 

私もサラリーマンなので、自分の仕事もあります。

 

もちろん、仕事も手を抜くことはしませんでした。

 

仕事と家庭の両立を考え、ワークライフバランスを意識した生活を送るようになりました。

 

すべては「妻が輝くため」!

 

ここまで徹底的にサポートすると、妻は自然と笑顔になり、心に余裕が生まれ、感謝の気持ちを伝えてくれるようになりました。

 

私としても嬉しいので、自然と笑顔になります。

 

 

相手を思いやり、受け止め、とことん行動することで、相手からの感謝が得られ、現在のような仲がよい関係を築くことができています。

 

 

すべては結婚当初に考えた「妻への尊敬」があったからこそ今の私たちの良い関係があるのです。

 

 

みなさんは、パートナーへの尊敬はありますか?

 

尊敬している方はぜひパートナーへ伝えてみてください。

 

恥ずかしいですが、伝えられたパートナーは心から喜びます。

 

 

尊敬がなくなってしまった方は、小さいことでも感謝できることでも、なんでもいいので見つけてみてください。

 

必ず見つかります。

 

そして、パートナーへ伝えてみてください。

 

 

この「伝える」という行動こそが、関係を良くし、パートナーを輝かせる秘訣なのです。

 

 

 

写真は私たち2人が大好きなモルディブでのツーショットです。去年撮ったお気に入りです。


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

誕生日に新たなスタートを切る

写真
Pocket

はじめまして、和泉真人です。

 

このブログでは、私が実践している「妻を世界一輝かせる方法」をご紹介します。

 

 

なぜ、自分ではなく、「妻を輝かせる」のか・・・?

 

その答えは、「一番大切な存在であり、尊敬している」からです。

 

みなさんには自分より大切な人はいますか?

 

・・・

 

世の中には「自分が一番」という人がたくさんいます。

 

でもそれでは自分の力は十二分に発揮できません。

 

誰かのためにという思いや行動によって、想像以上の力を引き出すことができます。

 

その「誰か」が「最愛の人」であれば、何十倍、何百倍、、、と無限の力となって引き出されます。

 

私の場合の「最愛の人」は「妻」なのです。

 

こういう内側の思いを今までは自分の中だけに隠していました。

 

このブログでは、私の内なる思いを包み隠さず、、、かなり恥ずかしいですが、、、表に出していきます。

 

今日は私の誕生日!

 

新たなスタートを切るには最高の日となりました。

 

今日私たちは何をしているかというと、、、

 

普段と全く変わらない生活を送っています。

 

「えっ!? ディナーにレストランでお祝いじゃないの???」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私たち夫婦は「当日に豪華に」はやりません。

 

それはなぜか、、、時間に縛られることを避けているからです。

 

お互い共働きなので、平日の夜は、もしかしたら緊急の用件が入り、予約していたレストランに時間通りにいけないことが起こるかもしれません。

 

もしどちらかが時間通りに行けなかった場合、悲しいですよね。そして、最悪はケンカになってしまうかもしれません。

 

なので私たちはお互い自由が効く、休日を選んでお祝いをしています。

 

ちょっとしたことですが、自分たちが何を大切にしているかを考えると、トラブルを自然と回避し、喜びだけが得られるようになります。

 

ということで、本日はいつも通りの生活となっている訳です。

 

ただ、妻が素晴らしいのは、写真にあるように、ケーキをプレゼントしてくれたこと。しかもネームチョコ&ローソク付き!!

 

その気持ちが本当に嬉しく、妻をもっと輝かせたいと思わせる原動力となっています。

 

これから投稿を続けていくので、よろしければまた遊びにきてください。


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket