幸せなパートナーシップを築くには「気づき」が必要

Pocket

vol.16-wife-partner

 

こんにちは。

 

和泉真人です。

 

今回は、「幸せなパートナーシップを築くには「気づき」が必要」についてお伝えします。

 

一番大切な存在はだれ?

 

この世の中で、「一番大切な【もの】は何ですか?」と言われたら、

 

みなさんは、何を思い浮かべますか?

 

そして、「一番大切な【人】はだれですか?」と言われたら、

 

みなさんは、誰を思い浮かべますか?

 

「一番大切と思った【もの】と【人】、どちらが大切ですか?」と言われたら、、、

 

【人】を選ぶ人が大半ではないでしょうか。

 

普段、仕事やお金などの【もの】を追い求めて人生を送りがちですが、

 

「一番大切」と問いかけて比較してみると、身近にいる【人】が大切だと気付くものです。

 

そして、その【身近な人】とは誰でしょうか?

 

私はもちろん「妻」です。

 

 

「一番大切な【人】は子供」?

 

お子さんがいらっしゃる方は「子ども」という方も多いと思います。

 

どこかの記事で読んだのですが、

 

日本では、「一番大切な人は【子ども】」が多く、

 

欧米では、「一番大切な人は【パートナー】」が多い、

 

という統計結果があるそうです。

 

欧米が正しいというわけではありませんが、

 

私はこの件については、「欧米派」です。

 

私たち夫婦には子どもがいないので自然とそうなるのかもしれません。

 

でもよくよく考えてみてほしいのです。

 

子どもはいつか巣立ちます。

 

手塩にかけて愛情たっぷりに育てるので、自立させることに躊躇するかもしれません。

 

しかし、「親離れ」「子離れ」をし、お互いに自立することが大切です。

 

「親離れ」「子離れ」ができないと、

 

パートナーとの関係にも影響します。

 

パートナーとの間に何かあるたびに、「親の存在」が出てきてしまったら、

 

真剣にパートナーと向き合っていないことになります。

 

当の本人が「親離れ」すべきですし、親も「子離れ」をすべきなのです。

 

日本では、この「親離れ」「子離れ」ができていない人が多いと感じます。

 

親子の仲がいいのは全然、問題ありません。

 

ただ、何かあるたびに親が顔を出してくるとか、

 

子が親に何でも判断を求めるとか、

 

そうではなく、自分で判断する、パートナーに相談する、

 

という風になるともっともっとパートナーとの仲が良くなります。

 

現在、パートナーとうまくいっていない人の中には、

 

「親離れ」「子離れ」ができていない人が多いのではないでしょうか。

 

自分が「親離れ」「子離れ」していないことに「気づく」ことが大切です。

 

「気づく」ことで親との関係、子どもとの関係を見直すきっかけになり、

 

その結果、パートナーとしっかり向き合えるようになるので

 

パートナーからも信頼され、

 

幸せなパートナーシップを築くことができるのです。

 

 

幸せな関係はやってくるものではなく、つかみ取るもの

 

「幸せ」はどうやって感じるものでしょうか?

 

祈れば、天から降り注いでくる、と思っていませんか。

 

私の持論ですが、

 

「幸せはつかみ取るもの」です。

 

例えば、幸せなパートナーシップを築くには、

 

今、何に幸せを感じているのか?

 

その幸せを持続するにはどうしたらよいか?

 

そして、今、幸せを感じていないのなら、

 

それはなぜなのか?

 

どうしたら理想の幸せを感じられるのか?

 

これらのように常に「幸せをつかみ取る」ために考え、行動することが重要と思っています。

 

祈るのは、やれることをやった後に祈る、というのが順番です。

 

「幸せをつかみ取る」ために今できることは「一歩先の幸せに向かって考え、行動する」ことです。

 

そうしていくと、「小さな幸せ」をコツコツつかみ取ることができ、幸せがどんどん大きくなっていきます。

 

パートナーシップでも同じです。

 

パートナーと幸せになりたいと思うのであれば、

 

パートナーに対して、自分に対して、

 

たくさんのことに気づき、パートナーとしっかりと向き合うことをおすすめします。

 

 

 

***************

★11月6日(日)に妻(和泉梨紗)と一緒にパートナーシップセミナーを開催します。

 

パートナーとの間にたくさんの「気づき」が得られるセミナーとなっています。

 

ご興味のある方はこちらから詳細をご覧ください(^_-)-☆

「世界一幸せなパートナーシップを築く1 DAYセミナー」

 

普段、触れることがない新しい感覚を得られます!

 

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

女性が自由に輝く幸福度先進国 デンマーク

Pocket

vol.46-wife-partner

 

こんにちは。

 

和泉真人です。

 

今回は、「女性が縛られずに自由に輝いている国 デンマーク」についてお伝えします。

 

 

女性が自由に輝く、幸福度ランキング上位の国は?

 

前回のブログ「世界幸福度ランキングで1位はどこの国?」で世界幸福度ランキングについてお伝えしました。

 

その幸福度ランキング上位の国の中で注目すべきは、「デンマーク」という国です。

 

なぜ、「デンマーク」に注目するかというと、

 

デンマークは男女の性差に関係のない社会を構築しているからです。

 

小さいころから、男女差のない教育を受け、同じ権利を与えられ、同じことを禁止される、

 

という環境で育つそうです。

 

例えば、兄と妹がいる家庭で、

 

妹の友達数人でおままごとをしているとき、

 

親は、「お兄ちゃんも一緒に輪に入れてあげてね」となり、一緒に遊ぶそうです。

 

その逆もあり、兄が男友達と野球をしているときには、

 

親は、「妹も一緒に輪に入れてあげてね」となり、一緒に遊びます。

 

これが当たり前のように繰り返されると、「確かに男女の差なんてなくなるな」と感じてしまいます。

 

みなさんはいかがでしょうか?どう思いますか?

 

「男だから、、、」「女だから、、、」というのが小さいころから意識から消されていったとき、

 

大人になって、男女差の問題ってさほど大きくはならないと思いませんか?

 

私はこの文化に本当に感心しました。

 

小さい時に男女平等が当たり前だという環境で育つことで、

 

大人になってもその考え方が当たり前であり、

 

さらに次の世代にも当たり前として引き継がれる。

 

この教育方針は、本当にすばらしいと思います。

 

国の施策だけではこうはならないと思います。

 

デンマーク人の人柄、気質、歴史など様々な要因が絡み合い、「デンマーク人のあり方」が形成されたのではないでしょうか。

 

これが、国全体で浸透しているからこそ、他の国に比べて女性の活躍が目立ったり、

 

幸福度が高くなったりするのではないかと推測します。

 

 

女性が輝く国:デンマークとはどんな国?

 

デンマークは2012年と2013年に「世界幸福度ランキング」で1位を獲得しています。

 

いつも上位に位置しているデンマークという国はどういう国なのか?

 

調べた範囲でお伝えします。

 

  • 名称:デンマーク王国
  • 首都:コペンハーゲン
  • 人口:役561万人(日本の兵庫県とほぼ同じ)
  • 面積:役4万km2(九州とほぼ同じ)
  • 人種・民俗:デンマーク人、その他
  • 言語:デンマーク語、英語
  • 平均年収:日本円換算で約784万円(日本は役402万円)
  • 消費税:25%
  • デンマーク人の特徴:「連帯意識の強さ」「信頼」「親切心」「謙虚さ」の特徴をもち、「家族」と「安全」を重要視する気質。「成功者」はお金持ちではなく、ワークライフバランスがいい人生を送っている人を示す。男女差がなくとてもオープンマインドな性格。

 

 

デンマークの夫婦事情

 

男女差がないとどのような夫婦関係を築いているのか?

 

とても気になるところです。

 

調べていて気になったのは、男性(夫)のあり方です。

 

女性が自由にのびのびと人生を謳歌していることはインパクトが強いのですぐに目を引きます。

 

その裏で男性はというと、

 

当たり前のように家事をこなすそうです。

 

男女差がない文化なので、一日の内で家事に費やす時間も約半々。

 

女性と同じように、子供の世話をし、家事をし、協力しあっています。

 

「男(夫)だから」「女(妻)だから」という固定概念のない関係。

 

この関係があるからこそ、女性は自由な時間ができ、自分のやりたいことを自由に選択することができるだと感じました。

 

それは、男性も同じです。

 

夫婦で平等な関係を築いているからこそ、男性にも自由な時間が生まれ、自由な選択が可能となるのです。

 

夫婦二人がWIN-WINの関係でいられるデンマークの社会から、本当に多くの学びを得ることができます。

 

今月末には、妻と一緒にそのデンマークを訪れる機会を得ました

 

しかも、旅行ではなく、教育機関や活躍する女性が多い企業を訪問します。

 

この機会を作っていただいたメンターに本当に感謝します。

 

「仕事も家庭もうまくいくためには、パートナーである妻を輝かせることが大切」だと思い、

 

活動している私にとって、

 

今回のデンマーク視察はとても有意義なものになること間違いなしです!

 

このデンマーク視察のご報告を兼ねて、11月6日(日)に妻と一緒にパートナーシップセミナーを開催します。

 

ご興味のある方はこちらからお申し込みください(^_-)-☆

「世界一幸せなパートナーシップを築く1 DAYセミナー」

 

普段、触れることがない新しい感覚を得られるはずです!

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

世界幸福度ランキングで1位はどこの国?

Pocket

vol.48-wife-partner

こんにちは。

 

和泉真人です。

 

今回は、「幸福な社会を実現している国」についてお伝えします。

 

 

世界の幸福度ランキング

 

みなさんは、「国別の世界幸福度ランキング」というものがあることをご存知でしょうか?

 

そして、一位に輝く国はどこか知っていますか?

 

毎年、年初に発表される「世界幸福度ランキング」において、2016年の1位は「コロンビア」です!

 

日本はというと、「28位」!

 

この結果を知って、「日本」の順位をどう思ったでしょうか?

 

私は、「低い」と感じました!

 

生活も安定しているし、治安もいいし、貧富の差も世界各国に比べたら小さい方で、物も情報もすぐに手に入る環境である日本が

 

ベスト10にも入らないなんて、、、びっくりです。

 

平和ボケなのでしょうか?

 

 

幸福度の図り方

 

この「世界幸福度ランキング」は、国連の支援を受けてアメリカのコロンビア大学が毎年調査しているものです。

 

幸福度を図るうえで所得差が大きく影響しています。

 

例えば、順位が低い先進国は、高所得者の幸福度が高く、低所得者の幸福度が低いという結果が共通点です。

 

しかし、コロンビアのように、幸福度が高い国は、高所得者も低所得者も幸福度が高く、その差が極端に小さい傾向にあります。

 

◎幸福度54位のイギリスの所得層にみる幸福度

低所得者の幸福度:-10

高所得者の幸福度:67

 

◎幸福度1位のコロンビアの所得層にみる幸福度

低所得者の幸福度:77

高所得者の幸福度:87

 

この違いは何でしょうか?

 

ずばり、「お金」に対する考え方です!

 

経済先進国は「お金がない」=「不幸せ」、幸福先進国は「お金がない」≠「不幸せ」なのです。

 

「お金」ではなく、「心の充実」「幸せの感じやすさ」が全国民に浸透しているのだと感じます。

 

自分よがりにならずに、

 

感謝したり、貢献したり、自然の中に身を置いたり、家族や友人との絆を大切にしたりと

 

「お金」にかかわらないところでいかに「幸せ」を感じられるか?に気づかされます。

 

「世界幸福度ランキング」はランキングだけをみてしまうと、

 

「へぇ~そんなんだ~」で終わってしまいますが、

 

その中身について、「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と調べてみると、

 

「幸せのあり方」を十分に考えさせられるとても重要な調査結果だと言えます。

 

順位が上位だからいい、というのではなく、

 

いかに普段から「お金」に依存しない「幸福度」を感じられるか?というところが大切なのだと気づかせてもらいました。

 

毎日毎日、そのときを楽しみ、大切にし、幸せを感じられる体質にしていこうと、改めて感じた瞬間でした。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

高価なプレゼントよりも喜ばれるものは?(男性から女性編)

Pocket

vol.61-wife-partner

 

こんにちは。

 

和泉真人です。

 

今回は、妻に安心感を与え、心を満たす方法をお伝えします。

 

二人の記念日や妻の誕生日などに、プレゼントをすると妻は喜びますよね。

 

夫としては、プレゼントを何にしようか悩み、お金をかけ、妻が喜んでいる姿を想像しながらプレゼントを探すでしょう。

 

 

プレゼントへの感じ方の違い

 

男性は、プレゼントをするとき、「よりゴージャスに、より高価なものを!」と思い、選択してしまう傾向があります。

 

「パートナーが好きなもの」よりも、一般的にみて「価値が高いもの」を渡したくなるものです。

 

しかし、いざパートナーへプレゼントすると、表面上は喜んでいるように見えても

 

心の底から喜んでいるように感じていないことが多くあります。

 

普段、自分では買わない高価なものをプレゼントされたら、

 

それは、パートナーもうれしいと思います。

 

しかし、それは「一瞬」の喜びでしかありません。

 

女性は、プレゼントに「相手の気持ち」を求めます。

 

 

女性が求めるプレゼントのかたち!

 

女性がプレゼントに求めるものは、

 

プレゼントに「どれくらいの気持ちが込められているか!」です。

 

一瞬の喜びではなく、心の底から喜べる感情、ずっと余韻にひたれる満足感が欲しいのです。

 

なぜ、女性がプレゼントをもらうことを大切にしているのか?

 

それは、パートナーが、自分自身をどれくらいわかってくれているのかの確認をしているのです。

 

「今」、欲しいもの、必要なもの、大切にしたいものが、

 

「わかってもらえている」「理解してもらえている」「ちゃんと伝わっている」

 

という安心感が得られれば、安いものでも全然問題ありません。

 

 

男性の考え方を変える「プレゼント編」

 

男性と女性のプレゼントへの考え方が違うことに納得していただけましたでしょうか。

 

お付き合いした当初や結婚当初は、プレゼントのネタも多いかと思います。

 

しかし、お付き合いが長かったり、結婚年数が増えていくと、プレゼントのネタも少なくなってきます。

 

そこで、男性は手っ取り早く、誰でも喜んでもらえる「高価なもの」に手を伸ばしてしまいがちです。

 

高価なもの以外を選んだとき、

 

「これ、私の趣味じゃない!」と言われるのも嫌ですし、

 

「また、これ~」と言われるのも「こわい」と思ってしまいます。

 

男性側にはこの女性の反応が、「こわさ」「恐怖」を生みます。

 

「こわさ」「恐怖」から逃れるために、一般ウケする「高価なもの」を選択しがちです。

 

そうではなく、

 

ぜひ、「パートナーは何に喜んでくれるかな?」という

 

「相手の目線に立った気持ち」でプレゼントを考えてみることをおススメします。

 

女性(妻)の気持ちをしっかりつかむためには、

 

普段からの会話や観察が必要です。

 

妻を「気にする」「気にかける」ことを心掛けます。

 

「妻の最近の流行りはなんだろう?」

「妻の最近の好きな色はなんだろう?」

「妻の最近の好きな花はなんだろう?」

「妻が最近、食べたいと思っているものはなんだろう?」

「妻が最近、楽しんでいるのはどんなときだろう?」

 

など、「最近どうなのか」の観察が大切です。

 

妻と会話をしながら、またはしゃべっていないときでも

 

妻を観察してみてください。

 

よ~く観察すると、いろいろなことがわかります。

 

「へぇ~最近はこんなことに喜ぶんだぁ~」と新しい発見が必ずあります。

 

その新しい発見を元に、プレゼントを選びます。

 

そして、プレゼントする男性自身も満足するように、少し上乗せしてワンランク上のものを選びます。

 

そうすると、「気持ちが伝わり、さらにプレミアム感を出す」ことができます。

 

 

これからプレゼントをする男性の方は、ぜひ、パートナーをよく観察し、パートナーが喜ぶものを選び、

 

選んだものに対して、ワンランク上のものを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

長い付き合いだったとしても、きっと、女性(妻)は喜んでくれるはずです。

 

 

女性を輝かせるプレゼントの仕方「高価なプレゼントよりも喜ばれるものは?」をお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

 

パートナーシップセミナー開催のお知らせ

 

前々から、パートナーシップセミナーを開催してほしいというご要望をいただいておりました。

 

この度、11月6日(日)に東京で妻(和泉梨紗)とパートナーシップセミナーを開催します!

 

詳細が決まり次第、妻のメルマガでご案内させていただきますので

 

ご興味がある方は、メルマガへのご登録をお願いいたします。

 

妻のメルマガはコチラ↓

 

★メルマガ登録 期間限定プレゼント中★

 

【たった7日間で人生の目的を明確にする『あなたらしさ100%で輝く』無料メールセミナー】

 

今ご登録いただいた方に、以下の動画と音声をプレゼント中です!!

 

1)夫とケンカした直後に撮影した動画「夫婦喧嘩への処方箋」

2)メルマガでしか聞けない音声「夫と私が結婚10年以上たっても仲良くいられる秘訣」  

 

無料メールセミナーのご登録はこちらから↓

http://izumi-risa.com/formadd/?group_id=1

 

 

 

著書の紹介

 %e3%80%8c%e5%a6%bb%e3%82%92%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e8%bc%9d%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b%ef%bc%93%ef%bc%98%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%82%bd%e3%83%83%e3%83%89%e3%80%8d%e7%94%bb%e5%83%8f%e7%b8%ae%e5%b0%8f

 

 

 

 

 

 

 

「妻を世界一輝かせる38のメソッド」

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://www.amazon.co.jp/dp/B01CF5YEAE

★アマゾンランキング 暮らし・健康・子育て部門1位

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

妻のストレスを解消する簡単な方法とは?

Pocket

hawaii_cafe_84

こんにちは。

 

和泉真人です。

 

今回は、「妻のストレスを解消する簡単な方法」をお伝えします。

 

夫側が常日頃から心掛けることによって、

 

妻の気分をスッキリさせ、ストレスを蓄積させない方法です。

 

 

妻の明るさを引き出すことが大事!

 

夫婦の関係を良い状態に保つためには、

 

妻がいかに明るい状態でいられるか」がとても重要です。

 

女性は誰しも周囲を明るくする要素を持っていて、華のある存在です。

 

妻が明るいと、

 

夫が仕事や人間関係で悩んでいたとしても

 

妻の明るさで、悩んでいた夫も自然と明るくなるものです。

 

逆に、妻が暗いと、

 

夫もその影響を受けてさらに暗くなり、夫婦の関係が疎遠になりやすいものです。

 

 

妻のストレスを解消する簡単な方法

 

では、どのようにして妻のストレスを解消し、明るさを引き出すのか?

 

ズバリ!

 

毎日、妻の話を親身に聞くこと」です!

 

時間は15~30分くらいで大丈夫です。

 

ここで夫が注意すべきことは、

 

・妻の話す内容について解決策を言わないこと

・何かをやりながら聞かないこと(スマホやテレビなど)

 

 

妻の話す内容について解決策を言わない

 

女性は、自分自身の思いや体験を吐き出すことで、

 

共感してもらい、安心感を得たいと思っています。

 

妻が話しているときに、夫がやりがちなことがすぐに解決策を言ってしまうことです。

 

例えば、妻が、

 

「今日、たくさんの仕事をふられて、仕事が完了しなかったの!突発の仕事が多くて本当に嫌!!」

 

と言ってきたときに、

 

夫が、

 

「そんなときは、周りの人に協力してもらうようにすべきだね」とか、

「まずは、優先順位をつけて整理してからやるべきだね」とか、

 

アドバイスをするのはやってはいけません。

 

妻は、そういう解決策を求めているのではありません。

 

ただただ、話を聞いてくれて、話し相手に受け入れてもらい安心感を得たいのです。

 

夫がとるべき対応は、

 

「そうなんだ、大変だったね。いつもよくがんばっているよね!」

 

というような、「受け入れ」のことばを掛けることが大切です。

 

男性というのは、目的達成型や課題解決型のため、

 

どうしても目の前の悩みや問題に対して解決したくなってしまいます。

 

妻の話を聞くときはそこをぐっとこらえて、

 

妻の話に受け入れることで、妻の気分をスッキリさせていきます。

 

 

何かをやりながら聞かないこと

 

妻の話を聞くときにもう一つ大切なことが、

 

「何かをやりながら聞かないこと」です。

 

特にスマホをいじりながらとか、テレビを見ながらとかは避け、

 

体をしっかり妻に向け、親身に聞くようにします。

 

親身に聞くようにすると、意外と早く会話が終わります。

 

毎日15~30分くらいで効果が現れるので、おススメです。

 

妻と会話をしていて、

 

「ねぇ~、聞いてるの?」と言われたら

 

それは、親身に聞かずにうわの空状態なので、危険信号だと思ってください。

 

 

仕事から帰ってきて疲れている状態だったとしても、

 

夫として少しでも妻の話を聞いてあげる時間を持つことが、

 

妻のストレスを解消する簡単な方法です。

 

これを意識するだけで、妻は明るくなり、

 

その影響を受けて、自分の疲れも解消されてしまいます。

 

 

このブログを読まれた男性は、次にパートナーと話しをするときに、

 

「解決策を言わない」「親身になって聞く」、

 

この二つを意識してみてください。

 

きっと、パートナーの気分がスッキリするはずです。

 

 

 

著書の紹介

 %e3%80%8c%e5%a6%bb%e3%82%92%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e8%bc%9d%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b%ef%bc%93%ef%bc%98%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%82%bd%e3%83%83%e3%83%89%e3%80%8d%e7%94%bb%e5%83%8f%e7%b8%ae%e5%b0%8f

 

 

 

 

 

 

 

 

「妻を世界一輝かせる38のメソッド」

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://www.amazon.co.jp/dp/B01CF5YEAE

★アマゾンランキング 暮らし・健康・子育て部門1位

 

 

妻(和泉梨紗)の無料メールセミナーの紹介

 

【たった7日間で人生の目的を明確にする『あなたらしさ100%で輝く』無料メールセミナー】

 

今ご登録いただいた方に、以下の動画と音声をプレゼント中です!!

 

1)夫とケンカした直後に撮影した動画「夫婦喧嘩への処方箋」

2)メルマガでしか聞けない音声「夫と私が結婚10年以上たっても仲良くいられる秘訣」  

 

無料メールセミナーのご登録はこちらから↓

http://izumi-risa.com/formadd/?group_id=1

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket