vol.44 妻(パートナー)の親を気分よくさせる方法

Pocket

こんにちは。和泉真人です。

 

<パートナーの親と関係を良くする方法>

 

1.素の自分を出す。

 

2.たまに食事をする。実家に行く。旅行に行く。

 

3.プレゼントを贈る。

 

4.相談に乗ってもらう。

 

5.パートナーの実家では、そこでの文化風習にならう。

 

 

今日は、パートナーの親と関係を良くする方法の

 

「4.相談に乗ってもらう」

 

ことについてお伝えします。

 

 

「3.プレゼントを贈る」のパートで、パートナーの親を喜ばせることが、パートナーを喜ばせることだとお伝えしました。

 

プレゼントを贈ることは、お互いを感謝の気持ちで満たすことにつながります。

 

もうひとつ別の方法として、「相談に乗ってもらう」ことをおススメします。

 

相談に乗ってもらうと何がいいのか、、、

 

それは、「信頼」が生まれます。

 

パートナーの親にとってみれば、いくら息子・娘のパートナーだったとしても、その人が信頼のおける人なのかどうかはわかりません。

 

なので、連絡をとりあったり、直接会いに行ったり、プレゼントをしたりすることがとても有効なのです。

 

そして、「信頼」しあう関係を築くために、最も有効な手段が、「パートナーの親に相談に乗ってもらう」ことです。

 

小さなことで構いません。

 

パートナーの親に考えを求めるだけでもいいのです。

 

パートナーの親にとってみれば、相談されたことによって、「信頼されてうれしい、よし、いろいろやってあげよう!」となります。

 

誰しも自分の息子・娘のパートナーから相談されたら、なんとかしてあげようという思いが生まれます。

 

その思いがあるからこそ、お互いの心が通じ合い、信頼関係を築いていけるのです。

 

相談するコツもあります。

 

相談することは、小さなことや答えが分かりやすいことをコツコツ積み重ねるとうまくいきます。

 

あまり深刻なことを相談すると、パートナーの親も深刻に考えてしまい、答えが出ずに、解決しなくなってしまいます。

 

相談することは、簡単に答えを導くことができる内容がいいです。

 

重要なことは、答えではありまえん。

 

重要なことは、自分がパートナーの親に対して、「心を開き、信頼を伝えること」です。

 

そして、パートナーの親からも「信頼を受け取る」ことです。

 

「信頼」のキャッチボールができれば、パートナーの親との関係はゆるぎないものとなります。

 

そして、パートナーの親と信頼の関係が築かれると、パートナーともより一層仲良い関係を築くことができます。

 

 

 

写真は、今年の私の誕生日に、妻の母親からプレゼントされた「朝日記念日新聞」というものです。

 

これは、生年月日の新聞の一面を記念にプリントアウトしてくれるというサービスです。

 

妻の母親は、私のためにわざわざ依頼してくれました。

 

この思いやりと気遣いにすごく感謝しています。

vol.44-wife-partner

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*