vol.48 妻(パートナー)の自立を支援する心のありかた

Pocket

こんにちは。和泉真人です。

 

パートナーとの関係において、依存してしまうことは避けなければいけません。

 

依存してしまうと、自分自身の成長を妨げるだけでなく、パートナーの成長も妨げる結果を導いてしまいます。

 

「依存」は二人の世界観を狭くし、お互いの成長を自分たちでストップさせてしまう存在なのです。

 

そのような「依存」から解放するには、お互いが「自立」することが必要です。

 

それぞれが自立することで異なった世界観をパートナーと共有でき、お互いに影響し合うことで、成長を施していきます。

 

そして、何よりもパートナーの自立を支援することはとても大切です。

 

自分のみが自立しても、パートナーとのよい関係を築くことはできません。

 

パートナーとそれぞれが自立することで、お互いを尊重し合える関係を築くことができるのです。

 

 

パートナーを自立させるためには、パートナーが何に興味を持ち、何をしたときに喜びや幸せを感じるのかを、十分に把握することが必要です。

 

そして、パートナーがやる気を見せたとき、タイミングを見逃さずに、そっと背中を押してあげます。

 

一方で、パートナーが前へ進もうともがているときは、自分の意見や考えをアドバイスとして言いますが、けっして押し付けたりせず、パートナーが自分で決めたことには快く同意します。

 

ここで重要なことは、パートナーが進もうと決意した道が、パートナー自身のミッションに沿っているかどうかをしっかり把握することです。

 

ミッションに沿っていなければ、修正できるまで話し合います。

 

普段から、パートナーが何に使命感を持っているのかをお互いに話したり、観察したりすることで、自立への支援が的確に行えるようになります。

 

 

パートナーの自立を支援するには、ミッションに沿うことの他にとても重要な項目があります。

 

それは「お金の制限を外す」ことです。

 

多くの場合、パートナーが自立するために行動を起こそうとしたとき、必ずそれなりのお金が必要となります。

 

ここで制限をかけてしまっては、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

 

こういうときは、パートナーに投資する感覚を持つと制限を簡単に外せます。

 

株やFXなどの確実性のない投資よりも、パートナーに投資して、収入の柱を複数にした方が断然投資効果があります。

 

私は、妻がミッションに沿ってワクワクできるものであれば、または、妻が成長できるチャンスだと思えば、お金の制限は簡単に外すことができます。

 

世間一般に広まっている家計管理の方法で、自己投資は収入の5~10%にすべきとうたっているものがあります。

 

まさに、これは制限を作ってしまっているのです。

 

目前にチャンスが転がり込んできたとき、収入の10%を超えているからといって選択しないなんていうのは、千載一遇のチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

自立した自己形成を自分とパートナーが行うためにも、お金の制限を外した状態で、お互いのミッションに立ち返り判断することが、成長を加速させることになるのです。

 

私たち夫婦のお金の考え方については、妻のブログに詳細が書かれているのでぜひご覧ください。

 

妻のブログ:世界一やさしい夫をつくる方法

幸せになれるお金の使い方

夫にされて嬉しい11のこと vol.7

 

 

 

写真は、家の近くの「天現寺カフェ」でのものです。

 

妻とカフェでまったりしているときが一番癒されます。

vol.48-wife-partner

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*