vol.56 理想のパートナーの見つけ方(出会い編)

Pocket

こんにちは。和泉真人です。

 

「理想のパートナー」と「理想のパートナー像」について、前回以下のブログでお伝えしました。

 

vol.55 妻(パートナー)との出会いは縁、絆の強さは二人の努力の成果

 

「出会いの段階で「理想のパートナー」に巡り合うことはできません!」とお伝えしましたが、

 

出会いの段階で「理想のパートナー」に出会う方法は存在します。

 

その方法を今日はお伝えします。

 

 

理想のパートナーと出会う方法、それは、

 

「自分の理想のパートナー像を“明確に”することです。」

 

なんだ、普通だな!と思うかもしれませんが、これがとても重要でみなさんやっていそうでできていません。

 

とくに重要なことが“明確に”することです。

 

実際に紙に書いてみてください。

 

紙に書こうとしてすらすら書けたでしょうか?

 

自分の理想のパートナー像が不明確だったことに気づかされると思います。

 

ちなみに、私が妻と出会う前に明確にした理想のパートナー像は、、、

 

・笑顔が最高に可愛く、見ているだけで幸せになる人。

・向上心が強く、責任感があり、尊敬できる人。

・強い心を持ちながらも時折弱さを見せ、愛情で包み込んであげられる人。

・いつも一緒にいて安心する人。

 

これは妻も知らない私の心の中の決めごとです。

 

これを妻が読んでどう思うか楽しみであり、不安でもあります。

 

 

 

話を、「理想のパートナー」に出会う方法に戻して、

 

理想のパートナー像が“明確に”なった次にやることは、、、

 

「特に何もありません」

 

えっ!?っと思ったかもしれませんが、これもまた重要なことです。

 

“明確に”した後は、行動を一度手放します。

 

自分の今やりたいことに集中するのがいいでしょう。

 

明確にした後に、その理想像を求めてガツガツ行動を起こしたり、焦ったりしてしまうと、理想のパートナーは現れないものです。

 

“明確に”さえなっていれば、潜在意識が常に働き、自分が行動しなくても理想のパートナーを自然と引き寄せてしまうものです。

 

自然と引き寄せるためにも必要なことがあります。

 

それは、「本気の行動」です。

 

じっと動かずに内にこもっていては引き寄せはありません。

 

何でもいいのですが、本気で行動に移せば、自分の輝いている姿に理想のパートナーが引き寄せられます。

 

私の場合、妻と出会ったのは大学生の時。

 

私がバスケットボールのサークルでバスケットボールに熱中している時です。

 

その当時、所属したサークルは真剣に強くなろうとする同士が集まり、私もその一員でした。

 

妻と出会った当時は、女性よりもバスケ仲間を優先させるくらいの気持ちでした。

 

そんなとき、出会ったのが妻なのです。

 

理想のパートナー像だけは明確にしていたおかげで、とても素晴らしい女性と巡り合うことができました。

 

実体験をもって、「理想像を“明確に”し、その後は手放す。そのときやりたいことに本気で行動する」ことの重要性をお伝えいたします。

 

 

今現在、パートナーがいない方はぜひ実践してみてください。

 

 

 

写真は、モルディブの一枚です。

 

やはり、波打ち際を歩くのは最高に気持ちがいいものです。

 

後ろに見えるのは水上コテージです。

 

vol.56-wife-partner

Photographer:Mohamed Waheed

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*