vol.59 理想のパートナーの見極め方(付き合い編)

Pocket

vol.59-wife-partner

 

 

 

 

 

こんにちは。和泉真人です。

 

「理想のパートナー」と出会うための方法を、前回、前々回のブログでお伝えしました。

 

前々回、「理想を“明確に”して一度手放し自分のやりたいことに没頭する」。

vol.56 理想のパートナーの見つけ方(出会い編)

 

前回、「出会いを求めて行動し、出会った人のいい面を多く見つける。」

vol.57 理想のパートナーの見つけ方(出会い編2)

 

これらは私自身が体験してきたことを振り返り、お伝えしました。

 

なので、理想のパートナーと出会う方法は他にもいくつもあると思います。

 

私のように最初にイメージを明確にして探す方法もあれば、

 

お付き合いしてからパートナーが自分の理想に近いかどうかを判断する方法もあります。

 

どちらにせよ、お付き合いしていく中で理想のパートナーかどうかを見極めていくことになります。

 

これは結婚していても、していなくても同じです。

 

では、どのようにして見極めるのか???

それは「尊敬」「愛情」をパートナーに持てるかどうかです。

 

どちらか一方だけでも成り立ちません。

 

ケンカをしたときや、パートナーが自分の意に反する行動を取ったときなど、

 

「尊敬」の気持ちが薄れたりします。

 

そのときに、もう一方の「愛情」が心をカバーしパートナーを許すことができます。

 

逆に、パートナーの仕事が忙しく接する時間が減ったり、パートナーが趣味に没頭したりしたときなど、

 

パートナーへの「愛情」が薄れたりします。

 

そのときに、もう一方の「尊敬」がパートナーを尊重する気持ちを生み出し、パートナーの状況を受け入れることができます。

 

このように、パートナーと時間を共有していくと、さまざまな試練が発生します。

 

その試練を何度も何度も乗り越えることで、共通の新しい理想像が出来上がり、二人で創り上げた理想像へ近付いて行くのです。

 

 

お付き合いが浅いときは、まだパートナーのことを十分理解できないと思います。

 

なので、パートナーをしっかり観察し、「尊敬」できるところ、「愛情」を持てるところを、小さなところからコツコツ積み上げていきます。

 

その積み重ねをすることで、小さなことではぐらつかない「不変の尊敬」と「不変の愛情」を手に入れることができます。

 

私が妻に「尊敬」と「愛情」の両方を持ったのは、付き合って5年目のときです。

 

これをきっかけに結婚を決意しました。

 

そして、

 

私が「不変の尊敬」と「不変の愛情」を手に入れたのは、付き合って9年目(結婚後3年目)です。

 

楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、、、二人でたくさんのことを経験し、乗り越えてきたことで、今では妻が理想のパートナーだと確信しています。

 

 

私の過去をたどると、見極めるのに5年掛かりました。

 

理想のパートナーかを見極めるには時間がかかるかもしれません。

 

しかし、その時間も自分の気持ちと行動次第でもっともっと短縮することが可能です。

 

そのためにもパートナーともっともっと話しましょう!

 

パートナーともっともっと一緒に行動しましょう!

 

辛いことも逃げずにパートナーと一緒に乗り越えましょう!

 

パートナーのことをより深く知ること、そして、自分をより深く知ってもらうことが、理想のパートナーかどうかをより早く見極めるコツです。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*