vol.87 結婚後、長くラブラブでいられる37のコツ(24-禁句:言ってはいけない言葉)

Pocket

happy couplePhoto by TAKUMI JUN

 

こんにちは。和泉真人です。

 

結婚後もずっと仲良く、ラブラブな夫婦であり続けるためのコツを、ご紹介いたします。

今回は一般論を交えてお伝えいまします!

 

今回は、

 

禁句:言ってはいけない言葉

 

についてです。

 

結婚して長く付き合っていると、どうしてもケンカはつきものです。

 

ケンカは、どちらかにストレスがたまっていたり、体調がすぐれなかったり、睡眠不足だったりと、心と体に余裕がないときに発生します。

 

逆に心と体のバランスが保たれていると、自分の感情をコントロールしやすくなったり、パートナーの機嫌にさゆうされずにパートナーの怒りをかわせたりします。

 

長くつきあっていて、ケンカをまったくしないというのは至難の業です。

 

ときには、ぶつかり合ってお互いの心の内を吐き出すのがいいと思います。

 

ここで大事なことが、ケンカをしたとき、いかに早く仲直りをするかです。

 

早く仲直りをするためには、コツがあります。

 

それは、「怒りに任せて禁句となる言葉を言わない」ことです。

 

パートナーを傷つける言葉を言ってしまうと、早く仲直りができないだけでなく、その場はさらに炎上し、のちのちに遺恨を残します。

 

ケンカのときの言葉というのは、パートナーの心を傷つけることが多く、パートナーの記憶にも鮮明に残ってしまうのです。

 

ケンカをしたとき、感情のままに言葉を選ばず発し、大やけどをした経験が、みなさんにもあるのではないでしょうか。

 

そして、いつまでもそのときの言葉をパートナーが覚えていたりしませんか。

 

例え、本心ではなかったとしても、パートナーにそのことはわかりません。

 

たった一度の禁句でも許されないことを肝に銘じておくことが大切です。

 

<夫婦間で言ってはいけない禁句>

 

・勢いに任せた別れの話

 

本心でないのであれば、言ってはいけません。

 

「別れ」を切り出されたことに対して、心の衝撃が大きく、記憶に残ってしまいます。

 

・ケンカの火種とは違う収入や仕事への不満

 

収入や仕事への不満が喧嘩の火種であれば、とことん話し合うことが必要ですが、ケンカの火種でないのに収入や仕事への不満をぶちまけてしまうのはいけません。

 

パートナーの気持ちを逆なでするだけです。

 

・過去の話を蒸し返す発言

 

今の状態で議論することが大切です。

 

もしかしたら、昔のことに対してパートナーは心の奥底で「申し訳ない」と反省している可能性があります。

 

それなのに、昔の状態を折り起こされると、「申し訳ない」の気持ちが一気になくなってしまいます。

 

・「だからダメなんだよ」などの人格否定の言葉

 

最愛のパートナーに人格を否定されると、心のダメージは最悪な状態になります。

 

人格を否定する発言は、普段から意識して言葉に出さないように最善の注意が必要です。

 

・外見に対する悪口

 

外見に対する悪口が言われるときのほとんどが、ケンカの火種ではありません。

 

その時の感情の高まりから「ついつい」勢いで言ってしまうことが多くあります。

 

外見に関しては、本人が一番理解しているところであり、本人が気にしていることでもあります。

 

なので、外見に対する悪口は、パートナーをいじめているのと同じなのです。

 

・自分だけが疲れているかのような発言

 

これは、パートナーのケンカに対する闘争心に火をつけてしまいます。

 

みなさんもお分かりかと思いますが、疲れているのはパートナーも同じです。

 

それは、男性、女性に限りません。

 

自分がやるべきことをやっている人であれば疲れている状態をパートナーにだけは認めてほしいものなのです。

 

それなのに、あたかも疲れていないように言われ、自己中な態度をとられると、それはそれは「カーっと」なってしまうのは当然です。

 

私がよくやってしまっていたのは、この『自分だけが疲れているかのような発言』です(;^_^A

 

疲れとストレスで心に余裕がなくなるとこうなってしまいます。

 

今は常に意識することが上回っているので、ぐっとこらえることが可能です!

 

意識することって大事ですね(^-^)/

 

一般論として他にもたくさんありますが、とにかく、相手を傷つけることをその場の勢いで言わないようにすることです。

 

そして、今まで言ってきてしまった人は、過去を振り返り、これから言わないようにしてください。

 

例え、パートナーが自分を傷つけるような言葉を言ってきたとしても、ぐっとこらえて、かわすことです。

 

これを続けると、パートナーも自然と徐々に変わっていきます。

 

あせらず、ゆっくりとパートナーと向き合ってください。

 

 

<結婚後、長くラブラブでいられる37のコツ>のひとつとして今回は、「禁句:言ってはいけない言葉」をご紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

それでは、次回をお楽しみに!!

 

 

 

************************

 

  • 電子書籍

「妻を世界一輝かせる38のメソッド」

~夫婦の絆を深める究極のパートナーシップ構築法~

http://www.amazon.co.jp/dp/B01CF5YEAE

★アマゾンランキング 暮らし・健康・子育て部門1位

★アマゾンランキング 文化人類学・民俗学部門1位

妻を世界一輝かせる38のメソッド‗ブログ用

 

 

 

 

 

 

 

 ***************************

妻の電子書籍

「結婚10年目でも新婚みたいにラブラブになる」

~幸せな結婚生活を送る7つのステップ~

http://www.amazon.co.jp/dp/B01DTA0200

★アマゾン総合人気度ランキング1位

★アマゾンランキング 文化人類学・民俗学部門196時間連続1位

結婚10年目でも新婚みたいにラブラブになる‗ブログ用

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

Masato Izumi

バナーを作成
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*